おしゃれコンシャス

結婚式 ご祝儀 相場

ゲストとして結婚式に呼ばれた時に必須とされるご祝儀ですが、これを祝儀袋に入れる際にいくらくらい入れればいいのかと、私がゲストとして呼ばれたときにこれについて相場がはっきりとは分からず、迷ったことがありました。

その時に他に同席する同僚に聞いたら多くが30,000円を祝儀として入れると言ってたので、それにならって、私も30,000を祝儀袋へ入れました。

ただ、その後に、相場はどれくらいなのかと気になったので調べてみました。どうやらゲスト年齢によって若干の違いはあるみたいです。

どの年代も友人/知人/会社同僚の場合は、30,000円をご祝儀が一番多いみたいです。そして兄弟/姉妹などの場合は、50,000円が一番多いみたいです。

私の場合は同僚の結婚式にゲスト参加したので30,000円を包みましたが、それで正解だったみたいです。ただ、金額については、偶数、4、9といった数字は縁起が悪いとされており、こういった数字は避けるのが一般的みたいです。

ただ、事情により金額が偶数になってしまう場合は、枚数を奇数にするなどの工夫もあるみたいです。例えば2万ならば、1万円札1枚と5000円札2枚という感じです。

結婚式 ご祝儀 渡し方

ご祝儀として渡す際には新札を用意するのがマナーとされ、中袋に入れるときも方向を表向き、つまり人物が印刷されている右側を上にして入れるようにするそうです。

そしてふくさに包むことでより丁寧な印象になるそうです。これはわかる気がします。私の場合もふくさに包みました。色合いは明るい行事なので明るい色を印象として選びましたが、これも明るい色合いの方がいいとありました。

まとめ

1.祝儀の相場は友人、知人、同僚の場合は30,000円、兄弟、姉妹の場合、50,000円
2.金額は偶数を避ける、金額が偶数になる場合は、枚数を奇数にする工夫もあり
3.祝儀を袋に入れるときは、表向きに入れ、ふくさに包むときは明るめの色を選ぶ


Rentio[レンティオ]

プロフィール

名前:とくさん

カスタマエンジニアとして仕事をしています。 → 詳細

 

 

© 2018 結婚式 rss