結婚式 探し方

親戚の結婚式に招かれていったことが何度かありますが、その際に何を基準に式場を選んだか?と気になったんで聞いてみたら、費用よりもどこでやりたいか?というのを重視したそうです。つまりは景色とかですね。探すときにどうしたかを聞いたら、式場紹介所を利用したと聞いたので、探し方としては、紹介所でおよその式場に目星をつけるという方法になると思います。

で、基準について聞いたら、やっぱり景色とコスト、この辺りが気になるみたいです。で、先日会った際に、こういうのがあるけど・・・?と話したら、もっと早く知りたかったといわれました。コストについては式場紹介所では還元キャンペーンがあるので、還元率の高い順にランキング化しました。

★還元率の高い式場紹介所ランキング★

ハナユメ

 

詳しくはこちら

ハナユメ割で費用が最大100万円以上お得になる。具体的には挙式費用特別割引、料理ランクアップ、ドレス一着がもらえたりします。支払は後払いで式場への支払いは紹介所が代替えし、挙式後に紹介所へ挙式費用を支払う方式を取っています。

条件を満たせば、最大35,000円分のギフト券がもらえるキャンペーンもあります。

挙式形態については、少人数で挙式できるもの、緑が多い式場、高層階、眺めの良い式場、リゾート気分が味わえる会場などがあります。式場をイメージ検索できる。

その他、マタニティウエディングというものがあり、体に負担をかけずに挙式ができる式場も探せます。式場探し、相場、準備、気になることなど、挙式での疑問について無料相談も受けられます。

詳しくはこちら

楽天ウエディング

 

詳しくはこちら

プライダルフェア参加、挙式場下見で最大15,000円分の楽天スーパーポイントがもらえます。さらに式場予約で最大50,000円分のポイントが付くキャンペーンもあります。

挙式形態については、ガーデンウエディング、マタニティウエディング、リゾートウエディングなどがあります。

こちらも無料相談カウンターがあり、挙式についての不安点や疑問点などを解消できると思います。

詳しくはこちら

会費婚

 

詳しくはこちら

会費婚形式により初期投資5万で挙式可能。その後は当日のゲスト会費から充当し、それ以上の分がある場合後払いになる。事前に当事者の負担が少ない。

ゲスト会費は15,000~20,000円のため、ゲストにも負担が少ないのもメリットの一つ。

お年玉キャンペーンがいくつかあり、その中のひとつのおみくじの内容によってはドレスレンタル(25万相当)がつくものもある。会費婚成約すると、演出/装飾オプション代金から50,000円OFFになるものや、フォトアルバム代金45,000円OFFというものもあります。

形態についてはホテル、レストラン、ゲストハウスなどがあるが、パーティースタイル、人数により会場を選択できるようになっている。

詳しくはこちら

結婚式場探しについて安くなる要因として一番大きいのは割引特典や還元キャンペーンみたいです。これはたとえば通常スパンといわれる半年から1年以内に挙式するところ割引を利用して半年以内に挙式することで割引があったり、還元キャンペーンがあったりするのでこれにより、総じて挙式コストが下がる要因になっていると思います。

あと、1年先の予約が常識とみられている中で実際は準備期間が4~5か月あればしっかり準備するには十分であると挙式経験者に聞いたことがあるので、1年も必要ではなく、半年でも準備はできるそうです。早割キャンペーンを利用することも現実的です。

景色のイメージで条件検索できるようになっているところもあるため、そういったところを選ぶと式場を選びやすくなると思います。イメージ検索することでコストもおよそ把握できますが、無料相談所も用意している式場紹介所もあり、気になることなどを質問できるので、それもどこの紹介所を選ぶかの基準としてはありだと思います。

まとめ

1.式場探しは式場紹介サイトで、雰囲気(景色など)や、コストを見て選ぶ

2.コストについては、割引キャンペーン、還元キャンペーンを利用すると最終的なコストを抑えられる

3.無料相談所がある紹介所を選べば、気になっていることを消化でき、安心感を持って挙式準備ができる

 

プロフィール

名前:とくさん

カスタマエンジニアとして仕事をしています。 → 詳細

 

 

© 2018 結婚式 rss